パーマリンクの最適な設定

パーマリンクのベストな設定

WordPressの設定で何がベストなの?と悩むことがあるのがパーマリンクです。

パーマリンクとは?

パーマリンクとは「https://tkmt.design/○○」となる、○○の部分です。
ここは、日本語も入れられるしもちろん英数字も入ります。記号の-や_なども入れられます。/などURL本来の機能を阻害するものは入りません。
また、_と-でしたら-をお勧めします。
また、デフォルトのWordPressだと大文字は小文字に変換されます。
本来URLは大文字も含むことができます。

何を持ってベストとするかですが、ここでは利便性、可読性、SEOの可能性を上げていきます。

利便性

利便性を考えると意味のある単語を入れるべきです。

例えば、記事のタイトルに使われる単語などです。

また、カテゴリー等を含めることで今のページがどこお位置にあるのかを判別しやすいというメリットがあります。

デメリットはカテゴリーを変更した際にURLがすべて変更されてしまうことです。カテゴリーを変えることがない場合はURLに入れたほうが良いでしょう

可読性

URL自体の可読性ですが日本語を使用する場合コピペ時にエンコードされ非常に長いURLが生成されてしまいます。

なので、英語の単語を-などで区切ってシヨするとベターです。

SEO

SEO的にURLの単語が検索順位に直接影響があるかといえば、限りなくないとのことでした。

ただし、URLの単語から内容が推測可能であればクリックする有益な情報になるでしょう。

つまり、まとめると日本語ではなく英語で単的にページの内容を表すURLでカテゴリーを入れるとなお良いという形です。

パーマリンクは数字ではダメなの?

いちいち、パーマリンクを設定するのはめんどくさい。数字の羅列じゃダメなの?と思う方もいるとおもいます。

数字のみのパーマリンクはNGです。

なぜならWordPress上ですと月別のURLというものが生成されるため、自動生成されるパーマリンクと被ってしまうためです。

しかし、英数字の乱数であれば問題ありません。

パーマリンクは規則

パーマリンクでいちいち悩むのも大変でなのである程度レギュレーションを作っておくべきかとおもいます。

最初に出てくる単語を使用するや、最も多い単語を使用するなど。

一番ダメなのは日本語URLで長いものかとおもいます。

メールなどで送った際に改行でリンクとして認識されない場合があります。

パーマリンク、URLの設定にはお気をつけください。